トップページ > 一般的な中古車販売店の考察

一般的な中古車販売店の考察

中古車の販売点とひとくちにいっても多くの販売店がありますよね。大まかにわけると、一般中古車販売店とディーラー系の中古車販売店にわけることができます。ここでは一般中古車販売店について、書いていきたいと思います。

 

一般の中古車販売店に適しているのは少しでも安く車を買いたいという人です。基本的にはディーラー系の中古車販売店よりも大抵の車種で安めの価格設定となっているからです。需要が薄い車であると、特に安くなるといった傾向があります。また販売店の規模の大小での違いはありますが、多くの車種を取りそろえているのも強みといえるでしょう。

 

ディーラー系の中古車販売店のように、メーカ−で縛られているような品揃えではないので、比較検討もしやすいのが特徴です。全国展開をしているような大きな販売店であれば、この特徴は顕著にあらわれるのでわかりやすい違いだといえるでしょう。

 

また探して探してもなかなか見つからないといった条件の車であっても、依頼をすればオークションなどで仕入れてきてくれることもあります。販売店の中にはあえて事故車を専門に取り扱ったり、過走行車などの劣化の進んでいる車を取り扱っている販売店もあります。

 

ただし一般中古車販売店も良い面ばかりではありません。中古車には定価が存在しません。ですので、人気のある車種であればあるだけ価格がつり上がっていきます。販売店手数料の内容は各社それぞれ違いが見られますので、車両そのものの価格だけでは判断しにくいといった事情もあります。

 

複数の販売店があったとしましょうか、車の価格は同じだとしても販売店による手数料によってかかる費用の総額に差がうまれることがあるのです。小規模な販売店であれば、取り扱っている車は数台だけということだってありえます。修理歴があったとしてもそれをしっかりと明示しないこともあるのです。つまり、何が言いたいかというと、悪質な販売店も中にはあるということなのです。

 サイトマップ
Copyright(c) 2016 痛風予防サプリランキング最新版 All Rights Reserved.