トップページ > 坐骨神経痛治療に使われるブロック注射とは

坐骨神経痛治療に使われるブロック注射とは

坐骨神経痛で鎮痛剤の服用や理学療法による効果が思うように得られない場合、ブロック注射を行うことがあります。ブロック注射とは患部に局部麻酔薬やステロイド薬などを注射することで、脳に伝わる痛みをブロック(遮断)する方法です。

 

認められている効果としては、圧迫を受けている坐骨神経周辺の筋肉の緩和、炎症の抑制などが挙げられます。使用する薬剤成分によっては、血流促進効果で痛みやしびれの根本的な治療につながるともいわれています。

 

ブロック注射には、「硬膜外ブロック」と「神経根ブロック」の2種類があります。神経を覆う硬膜の外側にある硬膜外腔に薬剤を注射するのが、硬膜外ブロックです。最も安全性が高いとされる、仙骨部硬膜外にブロック注射を行う整形外科外来が多い傾向があります。ただし、薬剤が患部にうまく到達せず、期待通りの効果を得られないことがあるのも硬膜外ブロックの特徴です。

 

椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症を原因とする坐骨神経痛に対して、最も即効性のあるブロック注射が神経根ブロック(選択的神経根ブロック)です。

 

注射を行った直後に痛みが消滅するという即効性があり、その後も数ヶ月間に渡り効果が持続します。
効果が持続している間に坐骨神経痛の原因である椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症の治療が進めば、坐骨神経痛の症状から解放される期待ももてます。

 

問題は、脊髄近辺の神経根に直接注射する都合上、非常に強い注射痛を伴うという点です。神経根損傷のリスクも伴うため、神経根ブロック注射は繰り返し行えないという特徴があります。医師との相談の上で、神経根ブロック注射を行うかどうか決断することになります。

 サイトマップ
Copyright(c) 2016 痛風予防サプリランキング最新版 All Rights Reserved.