トップページ > 硬水と軟水の違いはなに?

硬水と軟水の違いはなに?

ミネラルウォーターを選ぶ際によく目にする「軟水」や「硬水」とは、どういう意味なのかご存知ですか?水道水においても、地域によって水の質は変化するようですが、その際にも軟水、または硬水よりかに分れるそうです。

 

この違いは、主に水に含まれるミネラル成分量によって決まります。ミネラル成分が多いか少ないかにより、硬度も変わります。「硬水」とは、ミネラル成分が多いものを指し、反対に「軟水」は少ないものを指します。

 

ミネラル成分と言っても、ミネラル自体種類はいくつもありますが、飲料水の場合は主にカルシウムとマグネシウムの含有量のことです。

 

欧米などでは硬水が多い中、日本の場合は比較的軟水が多いと言われています。例外として関東の一部や沖縄など、一部硬水が出ている場所もありますが、これは各地域の地層や水質環境などにより生じるものです。

 

ミネラル成分が多くなるほどに、水の味に変化が生じますから、普段よりあまり飲み慣れない日本人にとっては癖が強くて飲みにくいと感じる人も多いでしょう。また硬水は、飲むと下痢を引き起こす原因にもなると言われています。

 

よく海外旅行などで現地の水道水を安易に飲んだ結果下痢になってしまったなどという話を聞きますが、これは決して衛生面だけの問題ではなく、水の硬度にも原因があるのです。

 

しかし、それならば硬水は体に悪いものなのかと言うと、特別そういった問題はありません。硬水はミネラルを補給するため、または便秘に困っている人には、むしろ向いているとも言えます。体調面だけでなく、肉料理の際にも軟水よりも硬水の方が適しているようです。その反面、和食を作る場合は軟水を使うことをお勧めします。

 サイトマップ
Copyright(c) 2016 痛風予防サプリランキング最新版 All Rights Reserved.