トップページ > 極端な減量はダイエット失敗の元!

極端な減量はダイエット失敗の元!

ダイエットをするにあたって、落としたい体重目標は何kgぐらいに設定していますか?ダイエットを何度もしている人はご存知のように、いくら体重が減っても体型のバランスが良くなるとは限りません。体重が急激に落ちてガリガリに痩せても、見映えがよくなかったりするのはよくあることです。

 

実は、人間の体は急激に体重が落ちると異常事態が起こったと判断し、元の体重に戻ろうとする本能があるのです。そのため、元の体重以上の体重に戻ってしまうリバウンド現象が当然のように起こります。それでは、苦労してダイエットした意味がありませんよね。

 

普段の生活より急激に無理をしてダイエットをすれば、大抵の場合において体重は落ちます。特に夏場の汗をかきやすいときなどは、食事制限+過激な運動を行えばみるみる体重が減っていきます。ただし、一日やそこらで運動と食事制限をして体重減少となったからといって、それをキープしていくのは至難の業です。

 

ダイエットをしたい人の大敵は、脂肪だと思います。その脂肪より重いものは、筋肉です。筋肉が鍛えられていないと、体は体内の組織を支えていくことができず、たるんだ体になってしまいます。

 

つまり、いくら体重が落ちてもゆるんだ筋肉のままでは痩せたようには見えないというわけです。そこで継続して運動をすることが必要になってくるわけですが、過酷な運動はしょせん長続きないものです。

 

一ヶ月に2kg〜3kg程度の体重減少を目標にして、食と運動をバランスよくということを心がければ、長い目で見たダイエットの成功に漕ぎつけることができるでしょう。程よく筋肉を鍛えた体こそ見た目に美しいダイエット・ボディーということを念頭に、極端な体重減少にこだわらないダイエットを行ってください。

 サイトマップ
Copyright(c) 2016 痛風予防サプリランキング最新版 All Rights Reserved.