トップページ > コーヒーダイエットの効果はどれくらい?正直痩せるの?

コーヒーダイエットの効果はどれくらい?正直痩せるの?

コーヒーの成分として主要なものは、カフェインとクロロゲン酸です。コーヒーに含まれているカフェインは、褐色脂肪細胞の働きを活発にする働きをしてくれます。褐色脂肪細胞の働きが活発になると、白色脂肪細胞(皮下脂肪)に蓄えられた脂肪を消費できるのです。

 

コーヒーダイエットを始めると、褐色脂肪細胞の働きが活発になり、基礎代謝がUPすることから痩せやすい状態になります。コーヒーに含まれるもう一つの成分クロロゲン酸は、老化を防止し、血中遊離脂肪酸濃度を上げる働きをしてくれます。

 

血中遊離脂肪酸濃度を上げてくれることはつまり、体の中に貯まった脂肪を分解してエネルギーにすることにつながります。コーヒーダイエットを行なうことにより、こうして体内の脂肪分が燃焼されやすくなり、ダイエット効果が発揮されるのです。

 

コーヒーダイエットの基本ルールに、ブラックで飲むことというのがあります。砂糖をコーヒーに入れてしまうと、カフェインやクロロゲン酸の働きが妨げられてしまうからです。コーヒーダイエットを始めるのなら、ブラックで飲むように心がけましょう。コーヒーダイエットを行うときに1日に飲むコーヒーの適量は、4〜5杯といわれています。

 

ダイエット効果を期待して、もっとたくさん飲みたいと思う人もいるかもしれません。しかし、適量の4〜5杯より多くコーヒーを飲んだとしても、効果には変化がないというのが定説です。しかも1日に大量にコーヒーを飲んでしまうと胃に負担がかかり、コーヒーダイエットを継続できなくなることも起こるので気をつけましょう。

 サイトマップ
Copyright(c) 2016 痛風予防サプリランキング最新版 All Rights Reserved.