トップページ > 痛風対策に葉酸が効くの?

痛風対策に葉酸が効くの?

痛風を発症した場合、治療を始める必要があります。その治療のひとつが食事療法です。好きなものを好きなだけ食べる、といった食生活を長く送ってきた方は、痛風を発症した方の中には多くいらっしゃるかと思います。

 

プリン体は、痛風の原因物質です。レバー類、エビ、カツオ、白子、あん肝、スルメイカ、明太子などは、このプリン体を多く含む食品です。その他、痛風の大敵とされる食品はビールです。アルコール類の中ではプリン体を多く含むためです。

 

痛風に悪いと分かっていても、これらの食品を好物とする方にとって、一切の摂取を禁止されることは大きなストレスとなります。食事療法は、痛風の治療においては基本です。とはいえ、それもできる限り緩やかな食事療法にしたいと多くの方は思うはずです。

 

そういった場合には、サプリメントの利用がおすすめです。比較的手軽に利用できるサプリメントの中には、痛風の治療に有効なものもあります。尿酸値を低下させ、痛風を改善する働きが確認されているようなものです。

 

代表的なもののひとつは葉酸です。葉酸はビタミンの一種です。水溶性で、ビタミンB群に分類されます。葉酸といって思い浮かぶ一般的なイメージは、妊婦に必要な栄養素といったものかもしれません。しかし、葉酸は痛風の改善にも有効です。

 

その理由は、そもそもの痛風のメカニズムです。通常、体内の尿酸は産生と排出のバランスが保たれていますが、それが崩れると尿酸は蓄積され、結晶化します。そして、それが関節炎を引き起こします。これが痛風です。

 

この体内での尿酸の産生を抑制する働きを葉酸は持っています。葉酸には、体内での代謝に正常化を促す効果があります。キサンチンオキシターゼという酵素には、尿酸を産生する作用があるのですが、葉酸はキサンチンオキシターゼによる尿酸産生作用を抑制してくれます。

 

ほうれん草や小松菜などの青菜、柑橘類やイチゴなどの果物類、海苔などの海藻類が、葉酸を多く含まんでいる食品としてあげられます。

 

また、これらの食品はアルカリ性食品でもあります。そのため、尿をアルカリ化する働きもあります。酸性である尿酸はアルカリ化した尿に溶け込みやすいため、これにより排泄が促されます。そのため、尿酸値を下げることを考えると、こういった食品は一石二鳥です。

 

ただし、葉酸の摂取には注意点もあります。葉酸を多く含む食品としてレバーもあげられることです。レバーはプリン体多く含む食品でもあります。葉酸の摂取を目的としてレバーを食べることは、痛風対策という点では、逆効果となってしまいます。

 

また、葉酸を摂取する際には、カリウムやビタミンCも同時に摂取することが好ましいとされています。葉酸の効果を高める働きがあるためです。

 

葉酸のみならず、これらの栄養素も効率よく摂取できるのがサプリメントです。ぜひ自分に合ったサプリメントを見付け、有効活用してください。

 サイトマップ
Copyright(c) 2016 痛風予防サプリランキング最新版 All Rights Reserved.