痛風の予防にサプリがおすすめ!

 

痛風の発症は尿酸値と関係する?

 

痛風は、過剰な尿酸によって引き起こされる病気です。通常、体内において尿酸の産生と排出のバランスは保たれています。しかし、それが崩れると尿酸が蓄積し、結晶化します。結晶化した尿酸は関節やその周辺に蓄積し、炎症を起こします。これが痛風です。

 

このように、尿酸が蓄積すること、言い換えれば高尿酸血症が痛風の原因です。尿酸値が7.0mg/dlを上回ると、高尿酸血症だと診断されます。

 

血液検査によって、尿酸値を知ることが可能です。男性で3.0〜7.0mg/dl、女性で2.5〜6.5mg/dlが、尿酸値の正常値とされています。

 

尿酸値7.0mg/dl以上を高尿酸血症と診断する理由は、この濃度から尿酸が結晶化することにあります。尿酸は血液中で7.0mg/dl以上の濃度に達すると、結晶化するとされます。

 

尿酸の濃度が正常値内だと、尿酸は血液内に溶け込んだ状態でいられます。しかし、濃度がある一定を超えると飽和状態になります。すると、尿酸は血液中に溶け込むことができなくなります。結果、結晶化が起こります。この境目となる目安の濃度が、7.0mg/dlとされているのです。

 

血中濃度7.0mg/dl以上の高尿酸血症の状態が続くと、尿酸の結晶化も続く状態になります。結果、尿酸結晶は徐々に沈着し始め、やがて痛風発作に至ります。

 

痛風発作時の激痛は、骨折よりも痛いと表現されるほどのものです。その痛みを経験したいと思う方はいないでしょう。血液検査棟で高尿酸血症が発見された場合は、尿酸値を低下させるための治療を早急にスタートしましょう。

 

尿酸値を下げる治療としては、2つの方法があります。1つは、尿酸降下剤を服用する方法。もう1つは、食事療法など生活習慣を改善する方法です。またサプリの利用もおすすめです。参考:痛風サプリランキング

 

一般的には、尿酸値と合併症の有無によって治療法も変わります。7.0mg/dlを超えた際は、まず食事療法を導入します。8.0mg/dlを超え、合併症が見られる場合は、食事療法に加えて薬剤服用も併用されます。この場合、合併症に多いのは生活習慣病や腎障害などです。

 

そして、9.0mg/dlを超えた際は、そこで治療は食事療法と薬剤服用を併用したものとなります。この尿酸値になると、合併症の有無は関係なくなります。高尿酸血症の治療は、尿酸値6.0mg/dlを目標としてをスタートします。

 

また、高尿酸血症の治療において注意しなければならないのは、継続的な対応が必要なことです。目標値に達したらそこで終了というわけではありません。その後も油断することなく、尿酸値を定期的にチェックする必要があります。

 

治療の効果が出て、6.0mg/dl以下に尿酸値が落ちたとしても、そこでまた食生活を治療以前の状態に戻してしまうと、尿酸値は再び上昇してしまいます。そのため、痛風の発作が再び起こり、それに苦しむことになってしまいます。治療を長い期間継続していると、かなりのストレスを覚えることもあります。

 

しかし、尿酸値を一度正常値まで落とした後は、そう厳しい治療ではなくなります。食事療法も異常値のときほど厳しくはありません。痛風発作時に覚える激痛を考えてみましょう。あれに比べたら、治療を続ける際のわずかな我慢は小さなものではないかと思います。

 

また、高尿酸血症のために行われる食事療法や生活習慣の改善は、痛風の治療以外にも効果があります。高血圧や糖尿病といった生活習慣病も予防できるため、一石二鳥です。

 

痛風に偽物がある?

 

「偽痛風」という病気を聞いたことがありますか?これは痛風と良く似た病気です。偽痛風の主な症状は関節炎と、痛風と同様です。しかし、その原因や治療方法は痛風とは異なります。

 

では、具体的に痛風と偽痛風の違いをあげてみましょう。まず異なるのは、病態です。痛風は、過剰な尿酸を原因として起こります。体内の尿酸が結晶化し、関節やその周囲に沈着することで関節炎が引き起こされるのです。しかし、偽痛風の原因は尿酸ではありません。ピロリン酸カルシウムです。これが関節に沈着し、関節炎が引き起こされます。

 

次に症状の違いです。痛風発作の痛みは激痛です。その痛みは「骨折よりも痛い」と言われるほどです。また、痛風の場合、関節炎が多く起こる部位は足の親指の付け根です。全体の約70%がこの部位に起こるとされています。対して、偽痛風の主な症状も痛風と同様関節炎です。しかし、その痛みは痛風に比べると軽いとされています。

 

関節炎の好発部位も異なります。偽痛風の症状が出やすいのは膝関節です。偽痛風の患者さんの50%以上は、膝関節に関節炎を起こしています。また、偽痛風には、関節炎の他に発熱や体重減少を伴うという特徴があります。

 

次に、原因と治療を比べてみましょう。痛風の場合、その原因の多くは食生活の乱れとされています。そのため、食事療法が重要です。痛みを緩和する治療や尿酸値を下げる薬剤の服用と同時に、医師の指導の下、食生活を改善します。

 

偽痛風の原因は遺伝的な要素、あるいは副甲状腺機能亢進症が誘因になるとされています。痛風と異なり、生活習慣との関連は見られません。偽痛風の症状が慢性化し、日常生活まで困難になった際は、外科的処置が行われることもあります。関節内の洗浄や人工膝関節置換術といった対策がとられます。

 

また、発症する患者さんの傾向も異なります。痛風の場合、患者さんの約90%は男性で、好発年齢は40〜50代とされています。ただ、生活習慣の乱れや女性の社会進出などに影響され、近年は、女性や30代の方でも痛風にかかるケースも増えています。

 

一方、偽痛風には性別による差は見られません。患者さんの男女比はほぼ5:5です。また、患者さんには60代以降の高齢者が多いようです。痛風と偽痛風の症状は、共に突然の関節炎です。そのため似たような病気だという印象を持ちます。

 

しかし、症状の細かい傾向、原因、治療法などを上記のように見比べてみると、多くの差があることが分かります。とはいえ、一般の方が自分で痛風か偽痛風かを診断することはできません。

 

また、どちらの病気にせよ、共に継続的な治療を必要とします。関節の痛みを感じたときは、医療機関を早急に受診しましょう。病気の診断と、それに合わせた適切な治療を受けることができます。

肝硬変と同時に起きるかもれしない肝臓がん

肝硬変の合併症の一つとして、肝がんが挙げられます。肝がんは非常に恐ろしい合併症で、肝硬変の死亡原因のトップの割合を占めています。ですから、肝硬変の合併症としての肝がんは、早期の発見や早期の治療をするということが肝心です。

 

肝がんの早期発見をするためには、一定のサイクルで各種検査を受けることが非常に重要です。具体的な検査方法には、一般肝機能検査以外に腫瘍マーカーの測定、超音波検査、腹部CT検査などの種類があります。

 

さらに、肝がんを引き起こした場合には、採用される治療方法が患者の状態によって違ってきます。患者の状態で基準になることには、大きく分けると2つが挙げられます。1つは肝臓の予備能力の度合いで、もう1つは肝内の腫瘍の占拠状態です。

 

肝がんの治療方法には、現状いろいろな種類の方法が挙げられます。代表的な肝がんの治療方法で挙げられるのは、外科的肝切除術、経肝動脈塞栓術(TAE)、肝腫瘍内エタノール局注療法(PEIT)などです。

 

ラジオ波焼灼療法(RFA)、経皮的マイクロ波凝固療法(PMCT)、リザーバー留置による抗がん薬動注化学療法なども、治療方法の一種として挙げることができます。進行肝がんの場合にはどのような治療が行われるのか、気にしている方もいるかもしれません。

 

進行肝がんの場合には、フルオロウラシル(5-FU)の肝動注療法とインターフェロンの全身投与を一緒に行います。これにより、良い効果が期待されるといわれています。

 

このように肝硬変を引き起こすと恐いことばかりになります。肝臓病になる前に肝臓のケアは忘れないでおきましょう。肝臓ケアにはサプリが効果的です。⇒肝臓サプリ

 

肝臓は一度壊すとなかなか改善が難しいです。

更新履歴RSS

 サイトマップ
Copyright(c) 2015 痛風予防サプリランキング最新版 All Rights Reserved.